家探しについて Vol.2 withフォレシティ尾山台

テーマは「デザインのアナリーゼ」

今回は「フォレシティ尾山台 尾山台駅徒歩1分」をご紹介します。

フォレシティ尾山台

http://www.kkf.co.jp/g/mitsu_bc/forecity_oyama/

IMG_5427

IMG_5428

カッコいいです。なんか”デザイナーズっぽいなぁ”という物件。駅からも近いし、かなり良いと思います。超オススメです。

「コンクリート打ち放し」「白」「浴室ガラス張り」「窓が床から天井までフル」「ザックリキッチン」こういうデザイナーズ的な要素が詰まった物件が好きな人は結構多いと思います。カッコいい!住みたいという。

でも、住みやすいの?大丈夫なの?と思う人も多いと思います。良く聞かれますが「まあ住みやすくはないと思いますよ」と、言います笑。ただ、なにをもって住みやすいのか、住みにくいのは人それぞれ多様な価値観があると思いますので、一概に意見を押し付けません。

IMG_5425

お話をしながら、この人なら住めそうだなぁと感じれば、どう使いこなすかアイデアをお話しします。「じゃあこうしたらどうですかね?」「ああいいですね。でもそれならこうの方ががいいのでは?」「なるほど~」とか。そういう人ならたぶん住みやすさを超えた豊かな何かが手に入ると思います。そしてそれをむしろ”住みやすさ”と捉えるかもしれません。

逆にこの人はこの感じの家は難しそう(求めていなそう)と感じれば、価値観に合いそうな物件をご提案します。このフォレシティ尾山台みたいな”空間の感じ”の”住みやすい”物件も数多くあるので、それをご提案すると。とりあえず見てみないとわからないですから、私としてはフォレシティを経由する事は全然OKです。むしろ、様々なお客様の多様な価値観が見えてきますので営業的にも良いことです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

アナリーゼ(Analyse)というのは、音楽用語で、、日本語で言うと楽曲分析。その音楽がどう組み立てられているか調べる事です。そもそも、「アナリーゼ Analyse(ドイツ語)」=「分析」という意味なので、わざわざ音楽用語で言う必要もないんだけど、音楽用語で言ったのは「オシャレだから!」です。

an

(↑アナリーゼ的なイメージ画像。よくわからない。)

デザイナーズってそういうことだと思 います。なんかオシャレだから。みたいな。実利的な(住みやすさ的な)こととかも重要だけど、「オシャレな感じ」みたいなことも大事。本来はその両立こそがデザインであるとも思います。(実利的という言葉は意味があっているのか、もっと適切な言葉がありそうなのですが、、無知です。)

私にとってそのアナリーゼ(音楽用語)という言葉選びは「オシャレだから」というふわっとした事もあるけれど、営業戦略的に「オシャレな家を紹介してくれそう」とか、「博学そうだから契約ごとも上手く進めてくれそう(笑)」とか。なんかそういう実利的なことも兼ねているつもりです。(半分本気です)

物件に話を戻すと、フォレシティ尾山台の「ガラス張りの浴室」は一体なんなのか?と、なにをもたらすのか、と”アナリーゼ”します。「広く見えるし」「明るく見えるし」「気持ちよさそうだし」って、全然奥行きのない分析だったりするんですが笑。奥行きは住んだ人が感じて下さいと。そういう姿勢が大事ですよ。と、そういう話です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

余談ですが、アナリーゼな話をひとつ。

最近「ウィダーインゼリー」がパッケージを変えました。デザイナーはあの「佐藤可士和さん」です。なんかスッキリしてカッコいい。今っぽい。なんかそんな感じでしょうか。

http://kashiwasato.com/news/wp-content/uploads/2014/03/in_jelly.jpg

アナリーゼをしてみて、「上手いなぁ」と思ったのは「フレーバーカラーの帯」。マスカットのグリーンと、グレープフルーツのイエローとグレープのパープル。飲み口付近の色帯の部分です。「商品陳列」された時に絶対綺麗だろうなぁと思いました。それが、こんな↓。

IMG_20140408_135512

並んだときに、奥の商品の色帯の部分がだぁーっと見える感じ。なんか素敵。最前列のパッケージのみが見えるのではなく、色が並んだ奥行き感が華やかで良い感じ。

この奥行きが綺麗に見えるようにするには、”この商品が目線の位置”に陳列される必要があります。この目線の位置を小売店の業界用語で「ゴールデンライン」と呼び、「売れる商品を置く位置」とされています。

このパッケージ変更によって、さらに「ウィダーインゼリー」が絶対的なものとなって「ゴールデンライン」支配することが可能になる。そういう”デザイン”であったとしたら、そこにはかなり深い”デザインの奥行き”を感じます。

なんかこの話、しっかり着地しているのか分かりませんが、そんな話です。

鈴木宏 suzuki_h@kkf.co.jp

家探しについて Vol.1 with石双居

先日「いいとも」が最終回を迎えました。やはり寂しいですね。私自身も人生の節目節目に「いいとも」があったように思います。終盤は「ヒルナンデス」を見ていましたが、それもいい思い出。もっと見ておけば良かった、もっとやさしくしておけば…etc…的なあの感覚。「いいとも」を経由して自身の人生をフラッシュバックさせて感慨に浸った人も多かったのではないでしょうか?人の心に残っていく様はそれは「デザイン」が与えるものと近い気がします。

さて、最終回といえば、私が担当しているブログ「ライフスタイルを考える」も実は前回が最終回だったのです。ネタ切れです。これからは「家探しについて」という、かなりあいまいなタイトルにして延命しようという算段です笑。

名刺の話をします。弊社の名刺は自分でデザインや仕様を考えていいという放任主義的なものとなっています。最近デザインを変えました。テーマは「部屋に飾れる名刺」です。自分でデザインしています。

IMG_20140330_110159

私がご紹介したお洒落なお部屋にご入居頂いたとして、そこへなんとなく飾って頂くと。さりげないロゴの「構成のカッコよさ」と「サイズ感のカワイさ」を同居させたシンプルでモダンな、どんな空間にもマッチするデザインです笑。

「石双居」というコンクリートブロックと木、黒サッシュがストイックでカッコいい物件で撮影しました。フィットしていますよね笑。クールです。http://www.kkf.co.jp/g/simada/ssk/千歳船橋・経堂で11万程。

小田急線 千歳船橋駅 デザイナーズマンション 室内イメージ

小田急線 千歳船橋駅 デザイナーズマンション 03室イメージ     小田急線 千歳船橋駅 デザイナーズマンション 02室イメージ

例えば、来客された方が手に取りたくなるような。次の家探しの時までさりげなく置いておけるような。名刺らしくない感じ。手に取った時にやわらかい印象を受けるように紙の材質にもこだわりました。で、ペロンと裏返すと会社名と私の名前が書いてあると。ここから次々にお客様をご紹介お頂いたり、次のお引越しの時も依頼していただいたりと、そういう目論見です笑。

IMG_20140404_180730

前回の名刺から新しくデザインした際に「営業部」という文字を消しました。勿論営業はします。だけど、いわゆる不動産仲介業者のゴリゴリ営業はしたくないというスタンスを表現しています。

建築を学んでいた頃、建築家である教授に「たくさん建築を見に行きなさい、写真(雑誌)だけではわからないのだから」と教えられました。今でもその通りだと思います。それはつまり、建築家であっても見てみないと分からないという事でもあると思うのです。それが急に不動産の賃貸仲介になった途端に2~3件見て決めて下さいという「営業」は出来ないわけです。「営業」的には2~3件で決めて欲しいけど、なんか腑に落ちない。みたいな。

お客様の立場に立って考えても、当然数時間、数件で完全に満足できる物件を見極められる訳はないと思うのです。賃貸と言えど大きな買い物です。私なんて、たがだか数千円の洋服を選ぶのだって数時間悩んで、数日後も迷ってみたいなことは多々あります。即決の時もあります!

でも、だからと言ってやみくもに何件も見て比較するのも違うとは思います。でも、私はお客様と一緒に物件を見ていれば2~3件で大体の好みや要望が分かってきます。そこで、次回また数件見ましょうと。だいたいこんな感じでご希望通りのデザインに辿り着きます。私もお客様も着地点のイメージが共有できているので、お互いに気持ちのいい家探しな訳です。玄関を開けて数歩歩くと、お互いに「あ、ココですね笑!」となります。そんなこんなで最終的に満足頂くことが多いので、握手か厚めの感謝の言葉(まれにハイタッチ笑)で締めくくられます笑。そういうことを、名刺を飾って頂く伏線にしようと思っています。

イイネと共感しあう事で繋がっていく「営業」が理想です。

こだわりがあって本気でお部屋を探される際はぜひ声をかけて下さい。

程良い「営業」をします。宜しくお願い致します。

鈴木宏

ライフスタイルを考える Vol.6

どこに住むか?という話

platform プラットフォーム 江田駅 徒歩1分

http://www.kkf.co.jp/design/tokyu/platfrom/

IMG_5372 IMG_5373

どこに住もうかなっていうのは結構考えるの難しくないですか?

誰にでも住みたい町っていうのはあると思います。私の場合は中目黒とか自由が丘とかの東横線エリアか、そこから少しズレて武蔵小山とか尾山台・等々力とかなんかその辺がいいなあみたいなのがあります。

先日「住みたい町ランキング2014」が発表されました。リンク貼ってみました。http://www.recruit-sumai.co.jp/press/2014/03/2014–2040–1.html

相変わらず「吉祥寺」が1位ですね。でも得点が昨年よりも減少の傾向にあり盤石ではない感じですね。「池袋」が昨年の13位から3位に躍進しているのは副都心線の開通の影響とか?「恵比寿」「中目黒」「横浜」「自由が丘」「新宿」「品川」「表参道」なんかは街の利便性や魅力がそのまま結果になっているかんじでしょうか?誰もが納得ですよね。

興味深いのは12位の「武蔵小杉」です。東京でもなく、神奈川県の川崎市、オシャレな街でもないこの街が…。(川崎市育ちの私が言うのだから間違いない)でも、横須賀線・湘南新宿線の新駅ができたことや副都心線の直通運転などのいい影響もあり、かつ「横浜駅」「川崎駅」へのアクセスも良いという元々のポテンシャルも助かってこの成績なのでしょう。最近は駅周辺の開発が進み良い感じの駅ビルも出来ました。昔はドムドムと洋服屋さんと電器屋が入った駅ビルしかなかったので、衝撃的です笑。結構今風のライフスタイルショップ的なデザインとかがあって良い感じのつくりですよ。図書館も併設しています。武蔵小杉侮れないです。が、いかんせんデザイナーズ物件が少ない・・・。土地をお持ちのオーナー様、デベロッパーさん、作って下さい。人気出ますから。

IMG_5381 IMG_5390

と、こんなことを書いておいて紹介するのはなぜか「田園都市線 江田駅」の物件という笑

なにが言いたいかというと、少し都心から離れてもいい物件あるなら住んじゃいましょう!という話です!笑

デザイナーズの物件というのは多くの場合 駅から遠いです。駅近くの物件はデザインで差別化しなくても借り手がいますからデザインで冒険することもないと思うんです。何でしょう、せっかく会社から近い三軒茶屋に住んだはいいけど駅から家までが遠くて、これじゃあもっと遠くの駅の駅近物件にすれば良かった!みたいなことがあったりなかったり。それでも都心部に住みたいんですけどね。でもひとつの可能性として考えてみてください。郊外の方に行けば意外と駅近のデザイナーズがあります。

IMG_5382 IMG_5386

というわけでようやくplatform プラットフォーム 江田駅 徒歩1分の話です。なんかそんな話です。デザインは間違いないので是非。建築家千葉学さんの建築作品です。とにかく大きい集合住宅です。互い違い(市松状)のライトコートがあり各住戸に光と風を届けている。いわゆる南向きのバルコニーみたいなものはないですが(部屋タイプによってはそれっぽいものはあります)専有できる外部空間はあります。二層分の吹き抜けがあったり立体的な住戸プラン。遠景がみえたり、空が見えたり、こもってる感じだったり。階段も螺旋だったり鉄砲だったり、住戸によって様々です。これぞ建築家の住宅というクールでスマートな住宅です。いいと思います!

IMG_5389 IMG_5387

ということです。では。

ライフスタイルを考える Vol.5

今回のテーマは「スケスケの美学」です!

丁度いい物件が2つあるので2件紹介します。

① G FLAT 502号室 洗足駅 徒歩2分 http://www.kkf.co.jp/g/simizu/g-flat/

すごくザックリ言うと、家の外周「全部窓」!!という物件です。

IMG_5296 IMG_5332 IMG_5295 IMG_5302

説明不要のスケスケ具合です。

IMG_5313 IMG_5327 IMG_5324 IMG_5330 

キッチンや浴室・収納等は充実しているので、その点は心配なさそうです。

心配なのはスケスケ具合…。

IMG_5287 IMG_5289IMG_5278 IMG_5279

可動のパネル(半透明や不透明)があり、天井の至る所にレールがあるので上手く活用すれば視線を気にせず仕切れそうです。でも基本はスケスケです。

 

②プラウドフラット新宿御苑  203号室 千駄ヶ谷駅 徒歩5分 http://www.kkf.co.jp/g/nomu/proudfla_gyoen/

これもそうです。ほぼ窓!

プラウドフラット新宿御苑c IMG_5361 IMG_5356 IMG_5362 IMG_5345

こちらも設備などはクオリティ高いです。

IMG_5358  IMG_5350IMG_5351  IMG_5353

今回はほぼ写真だけという感じのブログです。

 

こういったデザインの住宅は、求めていない人にいくら説明しても借りたい!とは思わないでしょう。そう思います。説明不要で不毛です。

こういったデザインの何がいいのか考えてみますが、なかなか言葉で説明するのは難しいです。「景色がいい」とか?でもそれは説明しなくても分かります笑。

でもあえて説明すると1件目のお部屋からは六本木ヒルズ/東京タワー/スカイツリーが見えます。すごい!写真が下手だけど!

IMG_5317

四季の移ろいや素敵な景色が見れる。ということがとにかく付加価値でしょう。ホームランバッターみたいなものでしょうか。三振も多いけど一発すごいのを打つみたいな。景色はホームラン級!みたいな。他が三振という訳ではないですが笑。

でも、家から色々良く見えると言う事は、逆に家の中が良く見えるということでもあります。

こんな話を聞いたことがあります。「東大に合格した人は、カフェなどで勉強していた人が多い」。人に見られてしまう環境の中に身を置くことで集中力を高める。自分を律する。とはいえ、彼らはイキイキとしていてカッコいいし楽しんでいる感じがします。この家に住めばなんかそれに近いことが起こりそうです。「イキイキと暮らせる環境」それがこの家の価値でしょうか。チャレンジしてみたい方絶賛募集中です。

ちなみに私は家で勉強していたタイプです。マンガを読んでしまったり。そのタイプです。

スケスケに住んでみようかなぁ。個人的には結構好きです、こういう家。

ライフスタイルを考える Vol.4

今回は「本当にタバコは百害あって 一利なしか?」みたいな話です。

私はタバコ吸いません。鈴木です。

ご紹介する物件は「アーバンステージ芝浦LOFT」です。

http://www.kkf.co.jp/g/hsk/cove_shiba_loft/

urb_s_shibau_loft-504-38 urb_s_shibau_loft-504-31

まず断っておきますが こちらの物件が百害ある!一利なし!という話ではないです。

すごくいい家でした。住んでみたいと思う家です。オススメです。ロフトがあってとにかく天井高が高い。明るくて 心地よくて お部屋によっては運河に面していて 運河に面していない側も街路樹が見えたり 気持ちよさそうです。

 cove_shiba_loft-23 urb_s_shibau_loft-504-36

先日、お客様と「コンクリート打ち放しは住みにくいのか」という話をしました。一般的にコンクリート打ち放しは夏暑く冬寒いという欠点があります。外断熱であれば比較的良さそうとかそういったこともありますが。あとは結露が気になるとかそういうこともあります。なんとなく悩ましい気になることが多い印象ですよね。

そういった「気になること」をザックリ「百害」と表現するとします。「一利」の方はない?性能的なところで言いますと防音性が優れているというくらいがRCの利点ですが、打ち放しに限ったことではないので、、、、。という感じでしょうか。あえて言うならカッコよさ?

cove_shiba_loft-24 cove_shiba_loft-30

 

さて、タバコの話をします。

「タバコは百害あって一利なし」と言われますが、本当にそうかなぁ?と思います。たしかに健康には悪いし、人にも害を及ぼすし。

でも、吸わない側から見てなんとなく羨ましいのが「喫煙所コミュニティ」です。

きっとあの場では面白い話をしているのでしょう。話しにくいことも言えたり。相談したりされたり。有益な話もしていそうです。喫煙所でのたわいのない会話から生まれた大ヒット商品なんてものもあるでしょう。きっと。

それは、タバコというものから直接得られるものではないけれど、タバコがもたらす副作用的な良さなのかなと思います。

「デザイナーズ」っていうのは、そういうことなのかなと思います。コンクリートの打ち放しは確かに暑かったり寒かったり。ガラス張りのカッコいい家もそう。メゾネットもそんなところはあります。でも、それ以上に得られる豊かさがある。それがデザイナーズ。主観の部分。

カッコいいとか カワイイとか オシャレとか、定量的ではないところも内見でご一緒に探れるといいなぁと思っています。

そのためにはいろんな物件を比較することも重要かと思います。満足する住宅を見つけられるまで、出来るだけご案内するように心がけています。

色々内見しながらお話ししながら良い家見つけましょう!

ということです。

 

ライフスタイルを考える Vol.3

雪、降りましたね。毎週木曜にブログ担当しています鈴木宏です。本日は月曜です。こんなところにも雪の影響が出てきてしまうのですね。仕方のないことです。

さて今週ご紹介する物件は「COMS UEHARA」代々木上原から徒歩5分くらいです。IMG_5199

↑オシャレ風に撮影してみたのですが、街灯かぶっちゃってるし、イマイチです。脳内で補正してご覧ください。建物自体はカッコいいです。外観でワクワクするのは重要だと思います。 でもこの建物は外観よりも中がスゴイ!!「COMS」というのがどういう意味か存じ上げないのですが、なんとなくすごく"コムス"な感じの家です。

IMG_5217 IMG_5218 plan

なんかすごい曲がっている。これがコムス。。

唐突ですが仮に「住まい探し」をファミコンとかの「PRG」的なものと考えましょう。そうすると、この物件に出会った時に頭の中で↓こんな選択肢が出て来ます。

RPG IMG_5205 IMG_5206

「たたかう」 か 「まほう」 か 「にげる」 か 「どうぐ」 か。

手っ取り早いのは「まほう」を使ってご自身の好きな角度に曲げて頂くことですが。たぶん「まほう」は使えないでしょうから選択肢から外すとします。

その次に手っ取り早いのは「にげる」です。この物件は見なかったことにして次の物件を潔く探す。いいと思います。価値観は人それぞれです。次の物件ももちろんご案内致します。

でもまあ折角なので「たたかう」を選択してみましょうか。17.3帖の変な形のワンルーム。キッチンがこの位置にあるのでダイニングテーブルは大体このへんになるか。ベッドは奥の方に置いてみるか。うーん。意外と真中にスペースが余るな。じゃあソファとテレビを。意外とたたかえるな。と。

IMG_5208  IMG_5223 IMG_5220

うわ、でも良く見たら風呂がバルコニーに面しているのか。スケスケだよ…。でもなんかニューヨークのホテルの浴室とかこんな感じだった気が!!行ったことないけど。みたいな。

IMG_5212 IMG_5208  IMG_5210 IMG_5226

「どうぐ」…。あ、あるある。可動収納。これを上手く配置すればどうにかなるかも!

IMG_5222 IMG_5207

「たたかう」 か 「まほう」 か 「にげる」 か 「どうぐ」 か。みなさんはどうしますか?

まずは弊社のHPに掲載していますので賃料などもご確認下さい。http://www.kkf.co.jp/g/alfa_pt/coms_ue/

 

ちなみに この住宅を設計された建築家はこんなことを考えているそうです。

【何かがしやすい空間ではなく、何かがしたくなる空間をつくります。】

イメージを膨らませて何かしてみると今までにない生活ができるかもしれませんね。一般的な尺度とは違うかもしれませんが、快適に楽しく暮らすことができるかもしれませんよ。

 

まずは楽しんで住宅を探す所から始めましょう?そして一緒にたたかい方を考えましょう。

それにしても代々木上原という町は素敵です。

IMG_5194 IMG_5195 IMG_5235 IMG_5236-2

古民家を改装したイタリアンのお店。 パリとかにありそうなパン屋さん。お店の中にワンちゃんがいる本屋さん。カワイイ洋服が売っているお店。ホントに素敵です。

では。

ライフスタイルを考える Vol.2

「あなたの好きな道はどこですか?」

IMG_0171

「好きな道は帰り道です!」

みたいなCMが好きでした。KKF鈴木です。(某不動産会社のCMだったと思います)

お部屋を探すときに重要な要素の一つに「徒歩○分」というのがありますよね?

今日は「徒歩○分 = 帰り道」を通してライフスタイルを考えてみましょう。

すごくザックリ言うと、駅から離れるほど賃料は安くなります。当然駅から近い方が人気が出るわけですから、必然的に遠くの物件は安く値段を設定するわけです。

仮に、「駅から徒歩2分」の物件と「駅から徒歩12分」の同じ条件のお部屋があったとして、「徒歩2分の方が賃料10万円」「徒歩12分の方が賃料9万円」としましょう。どっちに住みたいですか?同じ値段だったらまず間違いなく満場一致で前者でしょう。(駅から離れた落ち着いたところがいいという意見もあるとは思います)

ということは、この「10分」に対して「毎月1万円を払っている」といってもいいですよね。

価値観は人それぞれですが、「徒歩12分」に住んで、イイカンジの自転車を買って、毎月の1万円で何らかの贅沢をするのもありでしょう。そんな物件選びはいかがですか?

さて、前置きが長くなりましたが、本日は自由が丘[JUNES]をご紹介します。

IMG_0187 IMG_0183    

こちらはオシャレタウン「自由が丘」徒歩8分です。賃料は10万円。管理費2千円。(今現在)22.78㎡ワンルーム。広くはないですが広さは感じます。窓がドーンと大きくて景色もいいですよ。シンプルな間取りなので家具の配置もしやすそう。南向きだから明るいですし。

IMG_0180   IMG_0204

IMG_0197  IMG_0199 IMG_0206

ちなみに「徒歩8分」とありますが、実際には「徒歩30分~1時間」はかかります。だって、

IMG_0161    IMG_0162

IMG_0221    IMG_0163

IMG_0164    IMG_0168

IMG_0167    IMG_0170

IMG_0165    IMG_0166

そういうことです。むしろこれだけ楽しいのに賃料が安かったら良くないですか?むしろ歩きます。買い物が好きだったり街歩きが趣味だったりする方は「徒歩○分」を付加価値として楽しんでみてはいかがでしょうか?そして「好きな道は帰り道です」と言い張りましょう。

私が以前住んでいたところは帰り道に桜並木がありました。徒歩10分。

かなり期間限定ですが。咲く前のワクワクと咲いた時の感動と散った時の寂しさでだいたい二ヶ月くらいは楽しめましたかね。。。なんとなく遊歩道な感じだったので一年中気持ちよかったです。遠かったけれど、割安な家でした。

というわけで、こういう物件の考え方もありではないでしょうか?という回でした。

まだ昼ですが「帰りた~~~い♪帰りた~~~い♪あったかなんちゃらに…」みたいなこちらも不動産会社のCMの曲が脳内で猛烈に再生されています。仕事はまじめにやっています。では。